S-Port Cloud EVAの
ネットワーク

共用グローバルネットワーク

グローバルIPアドレスは、コントロールパネルの共用グローバルネットワークから払い出してご利用ください。仮想サーバーや専有サーバー、提供予定のベアメタルサーバーへダイナミックに割り当てることが可能です。
グローバルIPアドレスの追加につきましては、1/2/4/8個の単位でコントロールパネルよりお申込みいただけます。

専有グローバルネットワーク

グローバル側ネットワークにお客様専用のネットワークセグメントを用意することができます。セグメントは、/26~/29までご用意しています。ご購入いただいたネットワークセグメント内からグローバルIPアドレスを払い出して、仮想サーバーや専有サーバー、提供予定のベアメタルサーバーへダイナミックに割り当てることが可能です。
お客様指定のアプライアンスも設置可能なネットワークです。(提供予定)

VLAN

他のお客様とは完全に独立したセキュアなプライベートネットワークです。
ローカルネットワークを構築する際にご利用ください。
また、S-PortX(クロス)コネクトサービスやVPN等による接続やお客様ご指定のアプライアンスが設置可能なネットワークです。

NATロードバランサー

数千万レベルのセッション数に対応できるNAT方式のロードバランサーです。ロードバランサーを介してレスポンスを行います。
ロードバランサー側にはグローバルIPアドレスを割り当て、サーバー側にはローカルIPアドレスが割り当てられます。グローバルIPアドレスとVLAN(ローカルネットワーク)をそれぞれ1つずつ標準で払い出しており、合わせてご利用いただけます。
ポート番号やIPアドレスをベースにトラフィックを振り分ける「L4(レイヤー4)」方式に対応しています。

S-PortX(クロス)コネクト

S-PortX(クロス)コネクトを中心に全てのリソースをつなぎます。

構成概要

  • Virtual Routerを提供し、各UserのNWを論理分割(IP重複を許容)
  • L3接続を基本とし、VRRPによる冗長を提供 (L2接続も別途対応)

サービス利用形態

S-Portサービスのハイブリッド利用構成

EVAとハウジングを接続。(従来のハウジングゲートウェイ)

S-Portサービスへのリモートアクセス利用構成

V2クラウド・ハウジング環境へのセキュアなリモートアクセス。

S-Portサービスとお客様拠点間のVPN接続利用構成

V2クラウド・ハウジング環境とお客様拠点をVPN網経由で接続。

S-Portサービスと他社クラウドの接続利用構成

V2クラウド・ハウジング環境と他社クラウドをVPN網経由で接続。

ご利用イメージ

EVAのご利用イメージが確認できます。

品質保証(SLA)

EVAはサービス品質と安定性の基準を定めています。

ご利用の流れ

S-Port Cloud EVA 導入までの流れについて

サポート

ご利用方法や操作・設定に関する情報がご覧になれます。

ご質問・ご相談・見積もり依頼・資料請求・お申込みはこちら

電話での
お問い合わせ

10:00~18:00 土日祝、年末年始を除く

03-5445-2651

鈴与シンワートのソリューション